SR・環境宣言

<基本理念>

生活協同組合連合会大学生活協同組合関西北陸事業連合は、地球環境保全が人類共通の重要課題の一つであることを認識し、全組織を挙げて SR(=「社会的責任」、以下 SR と 言う)活動の向上とともに環境負荷の低減及び環境保護に努力します。

<方針>

生活協同組合連合会大学生活協同組合関西北陸事業連合は、会員生協への商品卸、物流 構築、業務支援、会計等業務受託、システム開発、人事教育(事務局)に係わる全ての活 動、商品及びサービスの SR 活動の向上・環境影響を改善するために、次の方針に基づき SR・環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。

  1. 当事業連合の活動、商品及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、SR 活動の向 上並びに環境汚染の予防及び環境保護を推進するとともに、SR・環境マネジメント活動 の継続的改善を図ります。
  2. 当事業連合の活動、商品及びサービスに係わる SR・環境マネジメント活動に関して 適用される法的及びその他の要求事項を順守します。
  3. 当事業連合の活動、商品及びサービスに係わる SR・環境影響のうち、以下の項目を SR・環境管理重点テーマとして取り組みます。
    1. 正規職員及び嘱託職員の長時間労働の削減
    2. 障がい者雇用の法定基準の達成
    3. 職員を対象に消費者課題に関する教育研修の実施
    4. 電力使用量の削減
    5. ガス使用量の削減
    6. コピー用紙使用枚数の削減
    7. 廃棄物排出量の削減
  4. 一人ひとりが SR 活動の向上とともに環境負荷の低減及び環境保護活動を積極的に実 践できるように、この SR・環境宣言を組織の全員に周知するとともに一般の人々が入 手できるようにします。

上記の方針達成のために、SR 課題・環境改善目標を設定し、定期的に見直し SR・環境 マネジメントシステムを推進します。

制定日 2017年6月16日
生活協同組合連合会 大学生活協同組合関西北陸事業連合
代表理事 専務理事 中森 一朗